Bio

Yuiko Kamakari’s extensive musical training and her versatility have made her an in demand player in New York’s music scene. A graduate of the prestigious Tokyo National University of Fine Arts and Music, and holding a masters from the Manhattan School of Music, she has been studying violin since she was three years old.

 Yuiko held the violin/keyboard chair in the Tony Award winning broadway musical “Next to Normal” and was violist in Karen O’s rock opera “Stop the Virgins”. She has subbed for a number of other musicals, including “Spiderman: Turn Off the Dark”, “Adams Family”, “Cinderella”, “The Heathers”, and “Kinky Boots”,  As well as a band leader for the American premiere of “Man and Boy:Dada”, an opera by Michael Nyman.

She has a number of television and DVD appearances, having performed with Alice Coltraine, Beyonce, Fergie, will.i.am, Mary J. Blige, First Aid Kit, Tricia Yearwood, Robert Davi, Arturo Sandoval, David Garrett, Scott Weiland, Devotchka, Il Divo, Phosphorescent, Harper Simon, U2, Mick Jagger, Karen O (Yeah Yeah Yeahs), Paul Banks (Interpol), as well as numerous orchestral and chamber music performances. Yuiko is also featured on recordings with Soul Cycle, Charlie Haden, Nick Zinner, Zola Jesus, First Aid Kit and many others.

     鎌苅 由衣子 (Yuiko Kamakari) Violin & Viola
鎌倉生まれ。3歳でViolin の手ほどきを受け、4歳から霜 佐紀子先生に師事、生涯の師と仰ぐ。
5歳で、鎌倉青少年音楽コンクールに、最年少ながら3位入賞、際立つ音色の美しさが注目を集める。
その後、毎年の全日本学生音楽コンクールなどを経て、13歳で異例の(通常は15歳以上)、ジュリアード音楽院アスペンサマースクールの受講を許され、世界の新進気鋭とともに、オーケストラ、室内楽なども学ぶ。
東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校器楽科から、東京芸術大学音楽学部器楽科に進学。自身の希望により特別招請した、アルバンベルク弦楽四重奏団のリーダー ギュンター ピヒラーの個人指導に大きな影響を受ける。卒業と同時にニューヨークに渡り、マンハッタン音楽院大学院修士課程を修了。
この間、霜 佐紀子、澤 和樹、Gerhard Bosse、Daniel Phillips、Isaac Malkin、Atis Bankas、に師事した他、多数の名手、名指導者のレッスン、マスタークラスを受けた。
その後は、ニューヨークにとどまり、フリーランサーアーティストとして、音楽と演奏の更なる高みをめざして活動している。
ニューヨークをはじめ、主としてアメリカ東部のオーケストラとの共演の他、室内楽や弦楽四重奏、ソロリサイタル、さらにマイケル・ナイマンのオペラ”Man and Boy” のアメリカ初演のバンドリーダーを務めるなど、クラシック音楽界の新しい動きにも、感覚鋭く活動している。
その傍ら舞台活動でも、トニー賞とピューリッツァー賞受賞のブロードウェイミュージカル”Next to Normal”では、2年半にわたり、Violin とKeyboard の二つの楽器を弾きこなし、音楽賞受賞に貢献した。
また、ロックミュージシャンとのストリングス共演で、U2やミックジャガー、ビオンセとの舞台に取り組んだり、グッゲンハイム美術館でロックシンガーのジュリアンブレンティと共演したり、特筆すべきはマディソンスクェアガーデンで行われた、ロックの殿堂25周年記念コンサートでの、U2、ミックジャガーたちとの共演は、この分野でもクラシックアーティストのロックミュージック参加と高く評価されている。
テレビやラジオの生出演の機会も多く、CD制作の分野でも、Jazz界の巨匠Charlie Hadenとの共演など、数多くの実績がある。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s